災害ボランティア情報

災害ボランティアって?

 災害ボランティアとは、台風等による風水害や地震、津波などの災害が発生した場合、被災地を支援するために、家屋の片づけや被災された方の支援などを行うボランティア活動です。今や、災害ボランティアによる支援活動は大きな力を発揮し、被災地復興に欠かせない存在となっています。
 また、支援活動の方法は様々で、直接被災地に赴き支援する活動や支援物資・募金などの形で支援する活動があります。

災害ボランティア活動を始める前に!

 災害ボランティア活動は、支援を求める被災された方がたのニーズと、支援をしたいという方がたの熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、災害ボランティア活動を希望される方は、次の点にご留意ください。
1.正しい情報を入手しましょう!
被災地の状況は、それぞれ異なります。混乱を最小限にしたり、ニーズ量等の理由により、一日当たりの受け入れ人数を制限している場合がありますので、事前に的確な最新の情報を入手してください。
特に、被災地に設置される災害ボランティアセンターの多くは、ホームページ、フェイスブック、ツイッターなどを通じて、ボランティア募集情報を発信しています。また、全国社会福祉協議会の被災地支援・災害ボランティア情報では、災害ボランティアセンターの設置情報なども発信していますので、ご確認ください。
2.十分な準備をしましょう!
活動時の服装として、津波による水害にともなう泥出し、片付けの作業を行う場合には、防塵マスク、厚手で長めのゴム手袋、長靴などが必要となります。コンタクト使用の方は、ゴーグルがあると安全です。
3.ボランティア活動の保険に加入しましょう!
災害ボランティア活動は、特に事故が起こる可能性が高くなります。
ボランティア自身の補償だけでなく、被災された方の住宅での清掃活動中、誤って大切にしていた飾りや置物などを壊してしまった場合などの損害賠償責任も補償されますので、必ずボランティア活動保険にご加入ください。
また、加入の際は、地震や噴火、津波でも補償される「天災・地震補償プラン」にご加入されることをお勧めします。
加入受付など詳しくは、『ボランティアとは』の『周南市ボランティアセンターの紹介とお知らせ、⑥ボランティア活動の保険受付』のページをご確認ください。
4.識別できる服装
被災地に設置された災害ボランティアセンターでは、身分証明書等の携行や所属する団体・グループ等の腕章・ビブスや名札シール等をつけ、その人がボランティア活動中であることが識別できるよう呼びかけていますので、ご協力ください。
5.支援物資は必要?
支援物資は、現地で必要とされていて、なおかつ必要な時に、必要な場所まで届けられる場合に限り、送付してください。
被災地に、個人から多くの物資が送られると、量の多さや物品の仕分けの困難さ等でせっかくの善意がかえって、被災地に大きな負担をかける恐れがあります。
現地の状況をよく確かめて、必要とされている場合のみ送付することが大切です。
6.募金も大切な支援
被災地でのボランティア活動が変化しているなか、被災地では活動するだけでなく、募金も大切な支援の一つとなります。
募金には、被災された方々に直接お見舞金としてお渡しする「義援金」と、被災地を支援する団体等の活動資金として活用される「支援金」があります。
義援金受付に関する情報は、本会の『赤い羽根共同募金運動』のページにも掲載をしていますので、ご確認ください。

災害ボランティアに関するお知らせ

1.災害ボランティア講座
本会では、災害ボランティアの普及・啓発や育成のため、平時からの取組みとして、災害ボランティア講座を開催しています。

※現在、開催予定の災害ボランティア講座は、ございません。予定が入り次第掲載いたします。
2.その他
①周南市災害ボランティアセンター(平成30年7月豪雨)活動報告書
平成30年7月豪雨災害では、周南市の熊毛地区を中心に甚大な被害をもたらしました。本会では、災害の復興支援を目的に、周南市災害ボランティアセンターを立上げ、約3週間にわたる被災地支援に取組みました。
その時の支援の取組みや今後の取組みの総括を記すため、活動報告書を作成しましたので、ご覧ください。
②周南市災害ボランティア活動マニュアル<改訂版>
災害は、毎年全国各地で発生し、甚大な被害をもたらします。
周南市も平成30年7月豪雨災害により甚大な被害が発生いたしました。
本会では、復興支援を目的に周南市災害ボランティアセンターを設置し、ボランティアのご尽力のもと約3週間にわたり被災地支援に取組みました。
災害は、いつ、どこで、だれに起こるか分かりません。そのため、災害に備える、そして、迅速に対応できるよう平成30年7月豪雨災害の経験と各メンバーのご意見のもと周南市災害ボランティア活動マニュアルを改訂しましたので、ご覧ください。