成年後見・権利擁護事業

周南市成年後見支援センター
 周南市成年後見支援センターは成年後見制度に関する相談をお受けし、必要に応じて関係機関と連携を図りながら、本人が安心して地域で暮らせるようにお手伝いします。
 また、成年後見制度の利用促進を図るとともに、制度の相談窓口や広報啓発等に取り組みます。
このような不安や心配を抱えていませんか?
物忘れが多くなり、お金の管理が難しい
福祉サービスを利用したいが契約できない
自分に何かあったときに障がいのある子どもの生活が心配
成年後見制度について詳しく知りたい
成年後見制度とは
 認知症や知的・精神障がい等により、自分ひとりで適切な判断をすることが難しい人を支援するため、家庭裁判所に選任された成年後見人が本人に代わり、財産の管理や福祉サービス等の契約を行い、本人の権利を守り生活を支援する制度です。
☆周南市成年後見支援センターの業務内容
  1. 成年後見制度に関する相談
     成年後見の制度利用等に関する相談支援を行うために、助言や情報提供、必要に応じて関係機関との連絡調整を行います。
  2. 成年後見制度の広報啓発
     成年後見制度の利用促進が図られるよう制度や利用方法等について広く周知します。
お問い合わせ
〒745-8529
周南市速玉町3-17 周南市徳山社会福祉センター別館
電話(0834)22-9988 / FAX(0834)22-8713
〇開設日:月曜日~金曜日(土・日・祝日・年末年始は除く)
〇相談窓口の受付時間:9時00分~16時30分(開館時間8時30分~17時15分)
地域福祉権利擁護事業(日常生活自立支援事業)
 通帳や印鑑がなくなって困る…、訪問販売でついつい必要のないものまで買ってしまう…、どんな福祉サービスを利用していいのかわからない…、家賃や公共料金などの支払いの内容がわからない―。今日は契約社会ですから、判断する力が衰えてこられた方々にとっては、毎日の暮らしが不安なものとなってしまいがちです。日常生活上の判断が十分でない認知症のお年寄り、知的・精神に障がいのある方々が、地域で安心して暮らしていただけるように支援する福祉サービスです。
サービス内容
1.福祉サービスが安心してご利用できるようにお手伝いします。
  • 福祉サービスを利用する、または利用をやめるために必要な手続きをします。
  • 福祉サービスを利用していやなことがあったら、解決に向けたお手伝いをします。
2.毎日の暮らしに欠かせないお金の出し入れや支払いをお手伝いします。
  • あなたの通帳から生活に必要なお金を払い出してお届けします。
  • 福祉サービスの利用料や、公共料金、家賃、医療費、税金などを支払う手続きをします。
  • 年金や福祉手当を受け取るために必要な手続きをします。
3.大切な書類や印鑑などを安全な場所でお預かりします。
  • 預貯金通帳、年金証書、証書(保険証・不動産権利証書)など
  • 実印・銀行印など
※貸金庫代が別途必要です。
サービス利用の仕組み
1.相談
社会福祉協議会へご相談ください。相談は無料です。
※認知症や障がい等の区分に基づき、支援機関等から相談票を提出していただきます。
2.訪問
権利擁護事業専門員推進員が他の支援機関の職員とご自宅を何度か訪問し、どんな支援を希望されているかなど、詳しくお聞きし、支援を要する場合、山口県社会福祉協議会へ審査請求を行います。
3.支援計画の作成
山口県社会福祉協議会の審査会で支援が必要と判断されたら、お困りごとをともに考え、あなたにふさわしい暮らしを支える支援計画をつくります。
4.契約
支援計画に同意していただければ、あなたと社会福祉協議会とで契約を結びます。
5.支援の開始
支援計画に基づいて、生活支援員がお宅を訪問して暮らしのお手伝いを始めます。
利用料金
 相談から契約までの手続きは無料です。契約後、生活支援員が支援計画にもとづいて行う支援には、利用料が必要です。
1回(1時間程度)…1,870円
※生活保護を受けている方は、無料です。
お問い合わせ
〒745-8529
周南市速玉町3-17 周南市徳山社会福祉センター別館
電話(0834)22-9988 / FAX(0834)22-8713
受付時間 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(年末年始、祝日除く)