ホーム  >  相談窓口のお知らせ  >  人権・権利擁護相談
相談窓口のお知らせ

人権・権利擁護相談

山口県社会福祉協議会が行う専門相談

~山口県社会福祉協議会でも、各界の専門家によるご相談に応じています。どうぞお気軽にお電話ください。~

●専門相談日
項目 相談日 相談時間 担当
法律相談 第2・4火曜日 10時~12時 弁護士
心理相談 第1木曜日 15時~17時 臨床心理士

☆認知症の相談は、認知症コールセンター083-924-2835へ (平日のみの受付になります)

○ 連絡先:山口県社会福祉協議会
Tel:083-922-1211(平日の午前8時30分から午後5時まで)

地域福祉権利擁護事業(福祉サービス利用援助事業)相談

  • 月曜日~金曜日 / 8:30~17:15
  • 周南市社会福祉協議会・本部権利擁護センターへどうぞ

地域福祉権利擁護事業とは・・・

 通帳や印鑑がなくなって困る…、訪問販売でついつい必要のないものまで買ってしまう…、どんな福祉サービスを利用していいのかわからない…、家賃や公共料金などの支払いの内容がわからない―。今日は契約社会ですから、判断する力が衰えてこられた方々にとっては、毎日の暮らしが不安なものとなってしまいがちです。日常生活上の判断が十分でない認知症のお年寄り、知的・精神に障がいのある方々の不安を一緒に解決し、地域で安心して暮らしていただけるように支援するサービスです。

サービス内容・・・

1.福祉サービスが安心してご利用できるようにお手伝いします。
  • 福祉サービスを利用する、または利用をやめるために必要な手続きをします。
  • 福祉サービスを利用していやなことがあったら、解決に向けたお手伝いをします。
2.毎日の暮らしに欠かせないお金の出し入れや支払いを代理で行います。
  • あなたの通帳から生活に必要なお金を払い出してお届けします。
  • 福祉サービスの利用料や、公共料金、家賃、医療費、税金などを支払う手続きをします。
  • 年金や福祉手当を受け取るために必要な手続きをします。
3.暮らしの中のあらゆる困りごとのご相談にのります。
  • 訪問販売で不必要なものを買ってしまった場合などの対応の手続きをします。
  • 多重債務の返済計画をともに考え解決します。
  • 成年後見制度の利用を支援します。
4.大切な書類や印鑑などを安全な場所でお預かりします。
  • 預貯金通帳、年金証書、証書(保険証・不動産権利証書)など
  • 実印・銀行印など

サービス利用の仕組み・・・

1.相談
社会福祉協議会へご相談ください。相談は無料です。
2.訪問
権利擁護事業専門員推進員がご自宅を何度か訪問し、どんな支援を希望されているかなど、詳しくお聞きします。
3.支援計画の作成
お困りごとをともに考え、あなたにふさわしい暮らしを支える支援計画をつくります。
4.契約
支援計画に同意していただければ、あなたと社会福祉協議会とで契約を結びます。
5.支援の開始
支援計画に基づいて、生活支援員がお宅を訪問して暮らしのお手伝いを始めます。

利用料金・・・

 相談から契約までの手続きは無料です。契約後、生活支援員が支援計画にもとづいて行う支援には、利用料が必要です。

1回(1時間程度)…1,870円
※生活保護を受けている方は、無料です。

お問い合わせ・・・

周南市社会福祉協議会権利擁護センター
Tel:0834-22-9988 / Fax:0834-22-2116
E-mai:egao1ban@orion.ocn.ne.jp

>>メール相談はこちら


ページトップへ戻る