ホーム  >  小地域福祉活動  >  もやいネット地区ステーション
小地域福祉活動

もやいネット地区ステーションの活動



孤独死・孤立死ゼロのまちを目指して ~もやいネット地区ステーションの活動


 「孤独死・孤立死」される方がいらっしゃいます。今日の日本の礎と繁栄、平和をつくられた高齢者の方が、誰にも看取られることなく、ひっそりと最期を迎えられるような「孤独死・孤立死」をなくしたいとの強い思いから、自助・共助・公助による地域見守りネットワークのさらなる強化を目的に、周南市では平成25年から「もやいネット事業」を推進しています。

公助として、周南市は、ひとり暮らし高齢者などの安否不明にかかる情報の収集・対応機能、24時間365日対応の相談機能を有する「周南市もやいネットセンター」を設置されました。

周南市社会福祉協議会も、孤独死・孤立死をなくしたいとの思いに呼応し、公民館等を拠点として「もやいネット地区ステーション」を構え、地区社会福祉協議会から選出された地域福祉コーディネーターを配置、友愛訪問活動を実施する民生委員さん、福祉員さんから訪問依頼を受けた「見守り上、気掛かりな方」を対象に訪問支援活動を行っています。

この事業は、従来からの友愛訪問活動、地域見守りネットワーク活動をより強固に支え、地域福祉関係者一丸となって重層的・複眼的な見守り活動を地域の中で展開するものです。安否確認をするとともに、生活課題をいち早く発見し関係機関につなぐほか、ご近所にも見守り活動への参画をお願いしながら、安心して暮らしていただける環境をつくるよう活動しています。




 


ページトップへ戻る