ホーム  >  小地域福祉活動  >  ふれあい・いきいきサロン
小地域福祉活動

ふれあい・いきいきサロン

住民がつながっていく、あったかい場です!

ふれあい・いきいきサロンは・・・

 ひとり暮らしのお年寄りなど、家で閉じこもりがち、話し相手がいない、寂しいといった不安や悩みをおもちのかたがたに、自治会館や公民館などの身近な場所に集まっていただいて、「気軽に」「無理なく」「楽しく」「自由に」過ごせる場をつくろうと、会食・健康体操・創作活動・レクリエーション…、ボランティアの自由な発想で企画し自主的に運営している、地域の「仲間づくり」「出会いづくり」の場―、それが「ふれあい・いきいきサロン」です。
   現在では、高齢者だけでなく、子育て家庭の親子、障害のあるかた、地域みんなで交流するサロンなど、市内200箇所あまり(社協届出分)に、さまざまなかたちのサロンが広がっています。

参加者にとっての効果は・・・

孤立・閉じこもりの防止になります!
 歩いて行けるところにサロンがあるので気軽に出掛けられ、いろいろな人とふれあうことによって孤独感が癒され、楽しみができ、閉じこもりの防止につながります。
仲間づくりができます!
 たくさんの仲間たちと出会い、話し合い、相談し合ったりすることで、仲間づくりの場となり、日常での支え合いの輪が広がります。
いきがいと自己実現があります!
 サロンでは、参加者一人ひとりが主役です。自分の特技や趣味が活かされることで、いきがいや社会参加意欲が高まり自己実現につながります。
生活に役立つ情報が手に入ります!
 同じ高齢者や地域のボランティアと関わることで情報交換の場となり、福祉をはじめとする暮らしに役立つ情報が直接手に入ります。

地域社会にとっての効果は・・・

地域交流・異世代交流の拠点となります!
 普段同じ町内に住んでいるのにまったく知らなかった人たちにとっては地域交流の拠点になり、地域の中に人と人とのつながりをつくっていきます。そして、子どもから高齢者まで幅広い年齢層の住民が参加することによって、世代を超えてふれあう、学び合う場になります。
生活上の困りごと・心配ごとが発見できます!
 サロンの活動をとおして住民の声を聞くことができ、生活上の困りごとや心配ごとに早期に対応できるようになります。また、おたがいに共感することで、地域全体の問題として取り組むきっかけにもなります。
いきがいと自己実現があります!
 サロンでは、参加者一人ひとりが主役です。自分の特技や趣味が活かされることで、いきがいや社会参加意欲が高まり自己実現につながります。
地域の福祉力を高めます!
 サロンの推進者である民生委員・児童委員、福祉員、食生活改善推進員、保健師など、小地域福祉活動のキーパーソン同士がサロンを通じて連携することで、小地域での見守りのネットワークが広がり、日常的な個別支援につなげていくことができます。また、参加者の側でも、「仲間同士でつながることが大切」という気持ちが芽生え、「支え合い」「たすけ合い」活動へと広がっていくことが期待されます。

ふれあい・いきいきサロンの1日・・・

POINT

  • 保健師などの参加を依頼し、専門家とのつながりを積極的につくる
  • 福祉制度に限らず、交通安全や訪問販売など、一人で暮らしていく上で問題になることについての情報交換の場をつくる
  • その月の誕生日のお年寄りを紹介して、みんなで祝う
  • 季節行事を取り入れる
  • レクリエーションはあまり背伸びをせず、歌・ゲーム・創作・趣味活動など、参加者が入り込みやすいものを取り入れる
  • プログラムについては、参加者の声を反映させる
  • 学校の長期休暇時などは子ども会と連携して開催する

ふれあい・いきいきサロン

 現在、市内のふれあい・いきいきサロンは、徳山地域102、新南陽35、熊毛52・鹿野13箇所で実施されています(社協届出分)。ご利用、ボランティアでの参加などのお問い合わせは、各支部へおたずねください。

お問い合せ先

徳山支部
Tel:0834-22-8700
Fax:0834-31-4742
E-mai:trueheart@beach.ocn.ne.jp
新南陽支部
Tel:0834-62-4981
Fax:0834-62-6304
E-mai:shinnanyou.shibu@giga.ocn.ne.jp
熊毛支部
Tel:0833-92-0027
Fax:0833-91-5480
E-mai:kumage.shibu@giga.ocn.ne.jp
鹿野支部
Tel:0834-68-2998
Fax:0834-68-2968
E-mai:kano.shibu@apricot.ocn.ne.jp


ページトップへ戻る